かわいい切手も使わないと価値がない

『旅行用お小遣いプロジェクト』の一環として、不要品をネットオークションに出品しています。

ネットオークションは大学生のとき熱心に出品していて、その当時は持つだけで最適な発送方法が一瞬で分かったんですが(「これはメール便!」「これは定形外郵便◯◯円!」みたいに)、今はその時とは かなりシステムが異なっていて、ややこしいです。

定形外郵便はお安いので、よく利用していました。頻繁に郵便局に行っていたこともあり、かわいい切手を見つけるたびに欲しくなって購入。でも、その当時購入したものは、もったいなくてなかなか使えませんでした。

でも、それってどうなんだろう。。

切手は、元々郵便物を送るために前払いしている証紙。コレクターでもないのに、手元に残しておく意味ってないよね…「もったいない」って思うことの方がもったいないのでは…

という考えに至り、今ではガンガン消費するようになりました。

かわいいからこそ、これを貼って送るときに私の気持ちも上がるし、受け取った人も もしかしたら同じようにかわいいと思ってくれるかもしれない。

*****

5年以上の歳月を経て、「かわいいから使えない」ではなく、「かわいいけど、使うことで価値を発揮する」と正しく解釈できるようになりました。

と言いつつ、今日も郵便局(ゆうゆう窓口)に行って、ムーミンの切手に心が動かされてしまいました。ちゃんと切手として使うなら、買うのもアリですね。