執念とは意識を持ち続けること*カップヌードルミュージアム

昨日、10時にチェックアウトして、向かった先は……

カップヌードルミュージアムです。

難波を歩いていると、ここで作ったオリジナルのカップヌードルを持っている方をよく見かけていて、行ってみたいな〜と思っていたんです。

***

圧巻のインスタントラーメントンネルを通って、カップヌードルファクトリーへ。

カップを購入したら、まずはお絵かき。

迷わずキティちゃんを描きました。笑

そのあと麺をセットしたり、スープを選んだり、トッピングを選んだり。

エアパッケージにセットしたら、完成です。

作るのも楽しいし、お土産にぴったり。

そのあと、テイスティングルームでお昼ごはん。

朝にホテルのバイキングでたくさん食べていたので、これで十分でした。

*****

最後まで諦めない執念」と聞くと、なんだかマネできないなぁと思ってしまうけど、もう少しライトに考えると「意識を向ける」だけでも、そのことに関する情報はどんどん入ってきます。

麺をカップに入れるのではなく、麺にカップをかぶせるという「逆転の発想」も、寝てるときに思い浮かんだと、シアターで紹介されていました。

意識を向けるからこそ、問題点を解決するヒントである ひらめきを得ることができる。

そのひらめきをキャッチする力こそが、新しいものを生み出すため、そして目標を達成するために必要なことですよね。