マレーシア旅行⑦トラブルまとめ

マレーシア旅行で起こった、3大トラブルについてまとめます。

 

① バスタブで脚を強打

お風呂に入ろうと片脚をバスタブにつけた際、つるっと滑ってしまいました。そのときは必死すぎてあまり記憶にないのですが、目の前にあった手すりを掴んでいました。

膝の内側を強く打ち、「痛かったわ〜」と思いながらのお風呂タイム。その日は少し腫れてる程度だったのですが、日が経つにつれて内出血がひどくなって、帰国してから自分の脚を見ると、紫イモの輪切りがくっついているかのよう。。

痛みは全くないけど、ビジュアル的に最悪です。自分の内膝を見る度に、ギョッとしてしまいます。

②夫のシャツが盗まれる

治安が悪くないコタキナバルにて。レストランで1番奥まった席を案内され、夫のシャツをイスにかけて少し席を離れました。そして数分後に戻ってきたら、シャツがありませんでした。

どこかで保管されてるのかなと思い、スタッフに「ここに置いてたシャツ知りませんか?」と聞くも、知らないと。周りは裕福そうな観光客のファミリーばかり。。え、もしやお店の人?と思ってしまう状況。

2人ともテンション下がりまくりの中、私が原因だったので ひたすら謝り、「すぐに新しいシャツを買いに行こう」と提案。(後日クアラルンプールのG2000で購入しました)

なんでも自己責任。治安が良くても、気を引き締めないとダメですね。

 

③アリの大群が押し寄せる

次の日に食べようと、Rotiboyを多めに購入していました。Rotiboyは簡単な紙袋に入っていて、それをビニール袋に入れてくれます。

ホテルでは、Rotiboyが入ったビニール袋の口を縛った状態にしていました。朝ごはんに行く際、あとで食べるのを忘れないようにしないとと思い、なんとなくベッドの上に置いていきました。

朝ごはんから戻ってきてびっくり。私のベッドにアリが大量発生していました。どこからかRotiboyの匂いを嗅いでやってきたようです。焦点が合ってくるとどんどんアリが見えてきて、一気に気分が悪くなってきました。

この大群を退治するのは不可能だと考え、フロントに連絡。ハウスキーパーの方が来てくれるかなと思ったんですが、嬉しいことにすぐルームチェンジしてくれるとのこと。

夜逃げ並みにダッシュで荷物をまとめ、退散しました。もちろん そのRotiboyは食べれませんでした。。

*****

今回の旅行では肉体的にも精神的にもダメージを受けました。それ以上に楽しかったんですけどね、、みなさんも海外では、いつも以上にお気をつけください。