ルルは2歳になりました*出会いを振り返る

 

先日ルルは2歳になりました。

暑くなってきたので、最近は床でごろんと寝転がってることが多いです。

1日1回は私と全力で追いかけっこをし、1日10分は全力で飛び上がってトンボのおもちゃで遊び、もちろんよく寝ます。そしてよく食べます。

 

毎日、朝のカリカリは急いで食べます。なぜなら起きようとしている夫のもとへ猛ダッシュするのがルルのルーティンだから。(カリカリを残して走っていくことも。笑)しばらくすると、夫と抱っこされたルルがリビングに現れます。謎の朝習慣。笑

 

*****

今回は2年前のルルとの出会いについても書こうと思います。

 

2019年8月にマレーシアのランカウイ島に行ったとき、あまりの猫天国で、猫飼いたい欲が爆発してしまった私。

そのあと猫の里親募集サイトをチェックする日々が続き、こちらの写真の子猫に一目惚れ!

すぐに、保護猫カフェに直接会いに行きました。それがルルとの出会いです。その後、ご縁があって引き取ることになり、今に至ります。

 

のちに聞いた話によると、ルルは元々保健所から引き出された子のようです。そして預かりさん→保護猫カフェなのかな。

ヘビーな体験をしてきたと思われますが、そんなことを感じさせないほど、ルルは素直で人間が大好きな猫。毎日たくさんの幸せを私たちに与えてくれます。

 

ルルが安心して暮らせる環境を用意することは飼い主である私の責務。毎日ひたすら顔色を伺い、必死になって猫語を理解しようとしています。それでもなかなか意思疎通できないときもあるけど、ルルは私に歩み寄ってきてくれます。

ルルと穏やかにのんびり過ごす時間が少しでも増えるように、私もできる限りの努力はしていきます。