久々の信用取引*かつてのギラギラ具合

昨年の終わり頃から、株の信用取引は封印していました。

なぜかと言うと、上昇相場かつ余力が十分にあったから。ゆるい現物取引のみで、チャートや板とにらめっこする緊張感とは、縁遠い日々。

でも、今日は久々に信用取引がしたい気分だったんです。

スイングのつもりで150万円分ほど買い建て。が、手元に建玉があるのが落ち着かなくて、1時間もしないうちに返済。それの繰り返し。

信用なら、ちょっとの値幅でも、ある程度利益になる。これはやはり魅力です。大口優遇だと取引手数料もかからないし、有効活用しないと。

*****

こないだ、昨年の特定口座年間取引報告書が届きましたが、14億円以上取引していました。これは「買い」の額の話であって、もちろん利益じゃないです。

今のままだと、今年はこんな額にならなさそう。というか、絶対なりません。笑

 

最近は、株に対してギラギラ感を失ってしまっていました。でも私は、やっぱり取引が好きだな。

甘いものをゆっくり食べていると、本音が湧き出てきます。

※投資は自己責任でお願いします。