「夜は短し歩けよ乙女」からいろいろつながった話

小説「夜は短し歩けよ乙女」の世界観、私が通っていた高校の雰囲気にそっくりです。ぶっ飛んでいて自由で、自分たちで作り上げる感じ。実際に、舞台になっている(と思われる)大学に進学した同級生も多いです。

オフィシャルガイドなるものを読んで、このお話が映画化されていたことを知り、「映画観たいなぁ」と思っていたら…

なんと!

1月3日の夜にテレビで放送されるみたい!♡

ナイスタイミングです。

***

小説に出てくる電気ブランというお酒が気になってたんですけど、昨日ブログに書いたマンガ「たくのみ。」の4巻にも電気ブランが出てきます。

そして、「夜は短し歩けよ乙女」の解説が、ちょうど読んでた「3月のライオン」作者の羽海野チカさん。

(たまたま構図まで似ていた。笑)

点と点がつながりまくって、なんだか不思議でした。

今年の目標の1つが「本を200冊読む」こと。ちゃんと数えてないからよく分からないけど、マンガも入れたら結構な数になってると思います。

いつもいろんなジャンルの本に囲まれているので、夫に「よくそんなに次から次に興味がわくなぁ」と呆れられています。

来年はどんな本に出会えるかな^^リサーチをするのも楽しいんですよね。

*****

ブログを読んでくれている皆さま、いつも本当にありがとうございます。良いお年をお迎えくださいね。