最速マネー美人の公式

昨日帰国しました♪ フライトのお供に選んだのはこちらの本でした。

この本の中では、私達には「稼ぐ」「貯める」「使う」「守る」というお金に関する4つの知識が必要であり、この中で「稼ぐ」と「貯める」に目を向ける人が多いけど、「使う」と「守る」を知ることが大切であるといった内容が書かれています。

この本を読んだ後、私の頭は一気にお金モードへ。私は「お金を好きなだけ使っても、資産はどんどん増えていく」最速マネー美人になることが目標です。ただ、それを願っていたところで、朝起きて枕元に札束がそっと置いてあることなんて100%ありません。自分で行動していくしかないのです。

そこで、最速マネー美人の公式を考えてみました。

最速マネー美人の公式

収入(勤労所得+不労所得)−支出(自分が必要なもの+本当に欲しいもの)=資産(現金+預金+有価証券)

資産を増やすためには、当たり前のことですが、収入を増やし支出を減らすことが必要です。

収入の基本は労働によるものです。これを増やすためには「長い時間働く」か「時給を上げる」しかありません。私は働くことに対する考え方にはこだわりが強く、長くなってしまいそうなので、また別記事で書きますね。

支出は全く我慢しません。最初に紹介した本で言うならば、私は「お金を使う力」には自信があります。支出の管理すらしない代わりに、お金を出すときに「本当に必要な出費か、欲しいのか」を判断しています。この際、自分を軸にして考えることがポイントです。

資産には、お金そのもの以外に有価証券などがありますが、私の場合は主にお金+株になります。社会人2年目に株を始め、余ったお給料やボーナスで保有株を増やし続けてきました。株価は変動するので、もちろん損をするリスクはありますが、長い目で見ると投資をしないことの方がリスクだと思います。ただしリスク管理や投資に関する勉強は必須です。

株のメリットは、持っているだけでも不労所得に繋がるところです。一つ一つの銘柄では配当金や株主優待が物足りなく感じても、まとまった額の株を持っていると、たくさんの配当金が受け取れるようになります。好きなタイミングで売買をして利益を得ることもできます。

つまり、先ほどの公式でいうと、資産の有価証券が収入(不労所得)を増やします。良い循環が生まれてくると、お金は雪だるまのように増えていきます。

 

今はこの公式が私の考え方ですが、いろんな勉強をするうちにまた考えが変わっていくと思います。今はうまく行っていて順調に資産が増えても、社会が変わると通用しないことも出てきますしね。柔軟に変化することが大切だと思う今日この頃です。