株ってどうやって勉強するの?*私がしてきたこと

「株に興味があります。どうやって勉強したらいいですか?」

と、聞かれることがよくあります。

今回は、参考になるかは分かりませんが、私が今までしてきたことについて書きますね。

*****

私が最初に投資に興味を持ったのは、「株主優待」の存在です。食事券や商品がもらえる株主優待は、おトクが実感しやすいですよね。

(雑誌の優待特集で必ず登場する桐谷さん。笑)

マネー誌の株主優待特集では飽き足らず、株主優待に特化した雑誌を隅から隅まで繰り返し読んでいました。このときに株取引の基本的な仕組み、株主優待を実施している有名な会社の権利月や優待品を把握することができました。

それと同時に、優待欲しさにどんどん株を買っていたので、株を買うことに抵抗がなくなり、取引に慣れていきました。

投資の世界は、世の中と一緒で変化していきます。株主優待でも新設や改悪があります。そして知らない銘柄もいくらでもあります。なので、何度か雑誌でじっくり学んでも、それだけでは全然足りません。そこで私は新鮮な株の情報を得るのに、いろんな方のブログを参考にしていました。

「情報を得るため」というよりかは「読むことが好きだったから」という理由で読み続けていたんですが、結果として知識のアップデートにつながっていると思います。

雑誌でたくさんの銘柄が紹介されていても、資金は限られていて、全ての株を買うことはもちろんできません。そこでブロガーさんたちが、実際に「買った」「権利を取った」という銘柄を知ることが、私にとって貴重な情報となるんです。投資の大前提ですが、実際買うかは自己責任で判断が必要です。

 

まとめると、私の場合「雑誌やブログで情報収集し、ひたすら実践」のみ。でも、その過程全てが好きなので、楽しさしかありません。

今は優待→配当と重点を置くポイントが完全に変わりましたが、株主優待は生活コストを下げるという意味では有用だと今も思っていますし、優待ブログは継続して読んでいます。(ただ、今後もっとたくさんの方が優待目当てに株式投資をした場合、コストを考えると優待を廃止したり取得条件を厳しくせざるを得なくなってくると思います。)

私の場合、投資の入口として株主優待があり、「投資がある世界」を知ってしまいました。これが私にとって、ターニングポイントだったのかも。株と並行して、それ以外の投資(FXや仮想通貨、不動産)も勉強することがありますが、今のところは日本株やJ-REITが好きですね。

***

これもよく聞かれるんですが、使っている証券会社についても少し書きますね。

私は管理がラクな方がいいので楽天証券オンリーです。たくさん口座があると性格上、把握できません。ネット証券もたくさんあるので、手数料やアプリの使いやすさを調べて、納得した会社で口座開設したら良いと思います。

▶︎楽天証券の公式HPはこちら

楽天証券

 

*****

株主優待の本は最新版を買うのが鉄則です。発行日のチェックをお忘れなく。